profile

和谷泰扶 わたにやすお ハーモニカ

 

1960 京都市に生まれる。 6才よりハーモニカを小林忠夫氏に師事。 「京都ハーモニカ・クヮルテット」、「同志社ハーモニカ・ソサイアティー」で活躍。
1983 FIH ジャパン・ハーモニカ・コンテスト(クロマチック部門)で第1位を受賞。 「日本ハ-モニカ賞」受賞。 同志社大学商学部卒業。
1984 ドイツ・ホーナー・コンセルヴァトリウム(トロシッゲン市立音楽院)の招待留学生として、ヘルムート・ヘロルド氏に師事。 さらにイギリスの名手トミー・ライリー氏、及びフーゴ・ノート教授にも師事を仰ぐ。
1986 南ドイツ・ラジオ局にソリストとして出演。 以来、テレビ・ラジオ放送などに数多く出演する。
1987 「第1回ワールド・ハーモニカ・チャンピオンシップス」で第2位に入賞。 ラリー・アドラー氏に絶賛される。
1988 ホーナー・コンセルヴァトリウムのハーモニカ専任講師に就任。
1988/10 「国際ハーモニカ・コンクール(オランダ)」で第1位及び特別賞を受賞。 国内・外各地でリサイタルを開催。
1989/10 「第2回ワールド・ハーモニカ・チャンピオンシップス(ドイツ)」で第1位を受賞。 京都市響、新星日響、東京フィルハーモニー、ドイツ・ロイトリゲン市響と共演。
1996 サイトウ・キネン・フェスティバル松本 '96武満徹メモリアル・コンサートに出演。 同10月、小澤征爾指揮、 新日本フィルハーモニー交響楽団の公演「武満シネ・ミュージック」出演。 「村松賞」受賞。
1998 「京都府文化賞奨励賞」、「第6回バロックザール賞」受賞。 国際交流基金の派遣でアルゼンチン・ブラジル公演に参加。 香港でリサイタル。
1999/7 「東京の夏」音楽祭で絶賛を浴びる。 台北・シンガポールでリサイタル。
2000 シンガポール大学の招聘を受け、リサイタルおよびコンサートホール落成記念コンサートにゲスト出演し好評を博す。 従来のハーモニカの概念を塗り替える超絶技巧と音楽性は、世界的な注目を集めている。
1991-2002 ホーナー・コンセルヴァトリウム主任講師。  7月、18年間のドイツ生活を終えて帰国。
2003/6 東京・芸術大学奏楽堂にて、ハーモニカでは初めてのリサイタル。
2004/10 東京・浜離宮朝日ホールにて、全曲「ハーモニカと弦楽四重奏のための」演奏会を開く。
2005/4

洗足学園音楽大学・大学院 管楽器ハーモニカ科講師に就任。

 

 

YASUO WATANI

Born in Kyoto/JAPAN, Yasuo WATANI is one of the world's leading chromatic harmonica soloists. He had his first lessons with Tadao KOBAYASHI in 1966 and has won prizes in competitions at a young age. After graduating from the University of Doshisya in Kyoto in 1984 with a degree in Economics, WATANI studied the chromatic harmonica with Helmut HEROLD at the Hohner Konservatorium Trossingen in Germany from 1984 to 1988. He was invited to stay on as a lecturer at the Hohner Konservatorium Trossingen and taught from 1988 to 2002. Since 2005 he is a lecturer at Senzoku-Gakuen College of Music.

WATANI win 1st Prize for both the International Harmonica Competition in the Netherlands (1988) and the 2nd World Harmonica Competition in the Championships and Festival in Trossingen. Germany (1989).

With an active performing career, WATANI has staged numerous solo concerts in many parts of the world including Germany, Japan, HongKong, Argentina and Brazil. In addition, he has performed as a soloist with W_rttemburg Philharmonic Orchestra, Kyoto Symphony Orchestra, Japan Shinsei Symphony Orchestra, Gunma Symphony Orchestra, Sendai Philharmonic Orchestra and the New Japan Philharmonic Orchestra conducted by Seiji OZAWA. His stunning Performances have been recorded both on radio and television in Germany and NHK Japan.

 

 

和谷麻里子 わたにまりこ ピアノ



東京生まれ。5歳よりピアノを始める。
渡鏡子、青木紀子、岡田知子、高柳朗子の各師に師事。桐朋学園大学短期大学部音楽科を卒業。
1985 ドイツ・国立トロッシンゲン音楽大学にて、ピアノをイルムガート・プリースター教授に、伴奏法をヴォルフガング・キューブラー教授に師事。
1989 ピアノ科を卒業。
1990 同大学にてチェンバロをヘルガ・キルヴァルト教授に師事
1994 夏、チェンバロ科を最優秀で卒業後、秋より同大学大学院にて引き続きチェンバロとフォルテピアノをエッカート・ゼルハイム教授に師事。
1998- 大学院チェンバロ科を卒業。
和谷秦扶の伴奏者として、CD制作やラジオ録音を始め世界各地で演奏。数々の国際ハーモニカ・コンテストの公式伴奏者に抜擢され、絶妙なる伴奏にも好評を博す。

 

 

和谷泰扶リンクバナー

和谷泰扶オフィシャル

Webサイトバナー

http://www.yasuowatani.com

和谷泰扶オフィシャルWebサイト