2012年

7月

26日

2012.07.26

昔から私は子供とお年寄りに好かれるようです。
私としましては、その真ん中の世代の方に好かれたいところですが、厳しいようです。(残念!)

先日、バスの中で困ったことがありました。
私は立っていたのですが、お母さんに抱っこされてる赤ちゃんが、なぜか私を見つめるのです。
私は目をそらすのですが、ジーッ( -_-)と見てくるのです。

お母さんの方も「あらあら」とか言いながら違う向きにさせようとしているのですが、すぐさまこちらに視線が戻ります。
「面白そうなおじさんやなぁ。ジーッと見てたらきっとなんかやってくれるで」と赤ちゃんは思っているようなのです。

本来の私は何かをやります。
しかし私だって見ず知らずの赤ちゃんに向かって、満員のバスの中で一発芸を披露する訳にもいきません。

よくお年寄りが交通機関の中で他人の赤ちゃんに向かってあやしている姿を目にしますよね。
お母さんの方もお年寄りを見て、関わりたくない雰囲気の人と、愛想良くお話しする人に分かれます。
私はその関わりたくないほうの部類だったようで、私も関わりたくないのですが、赤ちゃんは関わりたいのです。

困りました。

ところが再び赤ちゃんを見た瞬間、赤ちゃんが笑ったのです。
母さんはビックリ。(このおじさん、私の目を盗んで私の赤ちゃんに面白いことをしているんじゃないの!)

いえいえ私はは今回に限っては神に誓って何もしておりません。
私が先に降車したのですが、赤ちゃんの視線を背中で感じて、少々痛かったです。

関わりたくない雰囲気のお年寄りにならないように頑張りますので、皆さんご指導よろしくお願いします。

和谷泰扶リンクバナー

和谷泰扶オフィシャル

Webサイトバナー

http://www.yasuowatani.com

和谷泰扶オフィシャルWebサイト