2011年

3月

21日

2011.03.21

今回の大震災、津波、原発事故で被災された方々には心より心よりお見舞い申し上げます。

地震の時、私は家族と共に車で買い物に出かける途中でした。

MDを車内で聴いていたのですが、ラジオに切り替えた時に、地震が発生しました。
『ご注意ください。』と緊急放送が流れたのです。
『どんな規模の地震だろうね?』と安易に考えていましたところ、車内で揺れを感じ、真っ直ぐに走れなくなり、周りの電線が踊り出しました。
家屋から多くの人が外に出て来ました。
車を路肩に停車し、揺れが収まるのを待って家に引き返しました。

我が家は9階建てのマンションですが、多くの方が駐車場に集まり、管理人さんがあわてていました。
私たちは1階が住まいなので、幸い本が数冊落ちた程度で助かりました。

電車が動かなくなり、度重なる余震に怯えながらテレビ放送に釘付けとなりました。

このような状況に携帯電話が全く役に立たないことを学びました。


一週間が過ぎ、昨日、シンガポールから帰って来ました。(急展開ですみません。)
成田空港は震災と原発の影響で日本を脱出する人で大混雑していました。
無事にシンガポールに着いたものの、大きな問題が生じました。
演奏会終演後に乗る予定でした帰りの飛行機便が23時55分発から翌朝3時発に変更されたのです。
帰国が遅れるとレッスンに間に合いません!

シンガポールのスタッフが航空会社と掛け合ってくれました。
21時50分発に変更できるとのこと。
次なる問題は演奏会の開始時間が20時で、演奏会場から空港まで、車で45分かかります。
土曜日の夜ですので、渋滞が予想されます。

国際線のチェックインは通常2時間前です。そこもなんとかスタッフが掛け合ってくれて21時15分までにチェックインできたら飛行機に乗せる。と返事をもらいました。

つづきは後日。

和谷泰扶リンクバナー

和谷泰扶オフィシャル

Webサイトバナー

http://www.yasuowatani.com

和谷泰扶オフィシャルWebサイト